上海(中国)図安蟹味館:蟹粉生煎包

画像


上海図書館の裏門(?)入って突き当たり・図安蟹味館の「蟹粉生煎包」です。
具は豚肉が主で、蟹っぽさはさほど感じられず…。

画像


皮は厚くてパンのようにフカフカしています。
それゆえ、汁が皮に吸われてしまうのか、齧ってピュッと飛び出すようなことはありません。
皮の内側がふやけた感じで、底もカリッとしておらず、やはりB級グルメはB級な店のほうが出来が良いということか…。(ここはけっこうきちんとしたレストランなので…)

画像


予約なしで行ったところ、混んでいるとのことで入口のソファで20分ほど待ちました。
日本語の通じる店員さんが親切に対応してくれました。

その後案内されたのは、日本人客ばかりの一角。
日本人専用スペースだったのかしら???
フロア担当のお姉さん達は日本語がまったく通じない様子でしたが、お会計時の「ありがとうございます。○○円いただきます。」という日本語は非常~に流暢だったのが印象的。

このお店の看板料理「清炒鮮蟹粉」。

画像


もっと蟹ミソ主体のドロッとしたペースト状のものを想像していましたが、これはかなり卵料理というか…蟹肉入り煎り卵といった趣ですね。
柔らかな良い味でした。
パンにのせて食べます。

画像


画像


これは「百年経典蟹粉撈豆花」。

画像


自家製のお豆腐と、トッピングとして蟹粉、刻みザーサイ、桜えび、浅葱、香菜。
蟹粉は、「清炒鮮蟹粉」よりも少し汁っぽい気がしましたが、基本的には同じものかと思います。(汁っぽい分やや油っぽい。)

出てくるまでとても時間がかかったので、注文が入るたびにお豆腐を作っているのかなぁ?と思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 上海(中国)図安蟹味館:蟹粉生煎包 過去旅・過去食/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:32