バリ(インドネシア)ティアラデワタ:バビグリン

画像


「ティアラデワタショッピングセンター」は、地元の人で大賑わいの、デンパサールにある大型スーパーです。
プールや子供向けミニ遊園地も併設され、ちょっとした娯楽施設といった雰囲気。
フードコートも充実しており、価格が明朗表示されているので気楽で利用しやすかったです。

上の写真は【BABI GULING CAMPUR】バビグリンチャンプルー。(Rp.9500)
期待していた豚の皮はまるで陶器のように硬く、あまりおいしいとは言えませんでしたが、バビグリンを食べるのはこれが初めてだったので有意義な体験となりました。

下はバビグリンチャンプルーについてきたスープ。
真ん丸い黒い豆入り。

画像


そして【LAWAR KULIT】ラワールクリッ。(Rp.4000)

画像


「クリッ」は「皮」の意味。
透明なコリコリした細切りが皮だったのかな???
とても辛い料理。
バビグリンチャンプルーにも入っていたので重なってしまいました。

以上は<Stand Babi Guling>という屋台でした。

画像


次は<Stand Mie Jakarta>という屋台へ。

画像


【MIE AYAM】ミーアヤム。(Rp.9000)
汁なし鶏ソバ。

画像


スープがセットになっていて、【PANGSIT】(ワンタン)入りか【BAKSO】(団子)入りを選ぶ。
これはワンタン入りの【PANGSIT KUAH】パンシットクア。(KUAHは汁。)

画像


【PANGSIT GORENG】パンシットゴレンも注文。(Rp.7000)
揚げワンタン。

画像


スープに入っているときはよくわからなかったけれど、具が、お餅のようなヘンテコな食感でした。
つなぎに米粉を使っていたのかなぁ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック