喀什(中国)エイティガール寺院そばの屋台街:ウプッケエースイプ

画像


エイティガール寺院の向かい、老城地区に入る手前あたりの屋台街で食べた、米を詰めた羊の腸と肺。
「5塊、3塊、2塊どれにするか?」と聞かれ、お金の「塊」なのかかたまりの「塊」なのかわからなくて(同じ発音kuai4なので)とりあえず「2塊」を選びましたが、肺も腸も2切れ以上入っていて、会計は3塊だったという謎!

でも、大きい2切れをいくつにも切って盛り付けたのかもしれないし、頼んだのは1碗なのに割り箸を人数分(2膳)つけてくれたから、もしかしたらその分料金を上乗せされたのかもしれない…?

屋台街もバザール同様、同じ商品を扱う店が固まって出店している様子でした。
ウプッケエースイプ屋台はこの辺に集中して何軒か並んでおり、いちばんお客の入りが良さそうで居心地の良さそうなところにしました。

画像


黄色いのが肺。
食べた感じは、「芋」、「パンの実」、「密度が濃いスポンジ」といったところか…(スポンジを食べたことはありませんが)
内臓料理と言えば肝臓や心臓ぐらいしか経験のない自分には、あまり内臓らしくない食感に思われました。
少し脂っぽい風味で、たくさんは食べられないかなー。

腸の米詰めは特別おいしいわけでもなく、一度味見したらもういいや。という感じ。
スープは少しピリッとしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック