黄亜細肉骨茶餐室Rangoon Road店(シンガポール):バクテー

画像


改装したという噂に一抹の不安を抱きつつ、2004年以来約10年ぶりの訪問。
が、変わっていたのは外装、内装、食器、スタッフの制服。
肝心のメニューも味も昔と同じで安堵!

画像


ローカル朝食体験目当ての旅行者の何と多いことよ…
タイ人の団体がバスで乗り付け、店内は激混みです。
という自分も空港からタクシーで直行したわけですが。



画像


お茶っ葉は「水仙」「武夷大紅袍」「小葉甘」などいろいろあって、これは「鉄観音」。
テーブル脇にコンロが備え付けられ、お湯が常に沸いているので、各自でいれて飲みます。



画像


包み紙に日本語が。
活字を組んだ人には「シ」も「ツ」も「ン」も「ソ」も同じに見えたのだろうなぁ。



【Signature Spare & Pork Ribs Combo Soup】

画像


胡椒がきいていてうまい。
ここのバクテーは汁のうまさ以上に肉がうまいバクテー。
たっぷりと食べごたえがあります。



【Blanched Pig Liver & Kidney Combo】

画像


腎臓と肝臓。
腎臓を食べる機会ってなかなかないけれど、つるっとキメの細かい口当たりで癖もなく、食べやすかったです。



【Blanched Lettuce】

画像


さっぱりレタス。
ドカッと肉を食らうときには、やはりこういうものが欲しくなりますね。



【Fried You Tiao】

画像


油条。
バクテーの友。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック