テーマ:食べ物

マシャド(イラン)名前が読めない店:レバー、手羽中、マッシュルームなど

レバーを焼いたのを食べたくて、街を徘徊していて見つけたお店。 エマームレザー通り、ジャヴァドホテルの隣の隣あたり。 ショーケースには美しい串がぎっしり。 どうやって注文しようか、何を食べようか考えていると、すぐ後ろで肉を焼いている人が「一通り焼こうか?」的なことを聞いてくれた。 親切な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン:生ゼレシュクと生ピスタチオ

ゼレシュク。 日本語ではメギですね。 ゼレシュクポロに入っているドライ版は何度も食べたことがありますが 生を食べるのは初めて。 すっぱい! ユスラウメのような、少し渋みというかアクのある野生の風味。 カリッとして硬い実と、熟れてフヨフヨな実が混在。 そして、前回のイラン旅行で味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)バビグリンサヌール:スプ・アレス

おいしいバビグリンが食べられるワルンと聞いて「バビグリンサヌール」初訪問。 10時50分頃、マクドナルドの前あたりからこの店を見ると入り口にシャッターが。 確か営業時間は10時~という情報だったはずなのに、今日は休みか?と不安を覚えつつ道路を渡り店の前へ行くと「11時オープン」の札。 シャッターの前で待っている外国人男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成都(中国)王媽手撕kao(火偏に考)兔:ウサギの丸焼き

地下鉄・倪家橋で降りてちょっと歩いて、ウサギの丸焼き「王妈手撕烤兔」へ。 テイクアウト専門店。 日曜の昼下がり、窓口の前には10人ばかり行列が出来ていましたが、客層はリピーター風の人ばかり。 注文も会計も商品受け渡しもパッパッと手際よく行われるため、それほど待ち時間は長くありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南(台湾)阿忠漁粥:魚皮湯

魚皮湯NT$100 油篠NT$15 この皮は、ほかの料理のために身を取った後の残り物を利用しているのか? それともこのスープ用に剥いだ皮を使っているのか? どっちなのかわかりませんが、身はたくさんついています。 生姜が効いてピリッとする。 虱目魚肉炒飯 NT$100 サバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)エイティガールモスク周辺:夏の果物

果物店でスイカ。 1切れ2元。 よく熟れていて甘い。 種が少ない。 後ろに並んでいるのは桃。 1個試食させてくれました。 少々モサッとした口当たりでしたが、果汁たっぷりで甘く柔らかく、おいしかったです。 いちじく1個5元。 日本では見かけない黄色い品種。 その辺の露店のあちこちで山積みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海浦東国際空港(中国)回味:招牌套餐

第一ターミナル出発ロビー「回味」にて、招牌麺+湯包のセットを。 招牌麺うまい! どんぶりは紙製だし、スプーンは使い捨てのペラペラだし、所詮空港内の店だし、どうせ高いだけでたいしておいしくないんでしょう?とナメてかかっていましたが…これはうまい! 五香粉のような香りがして中国風味なのだけれど、スープの脂っこさが日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク(タイ)ラーイロット:カオチェー

トンローのサミティヴェート病院そばの「ラーイロット」です。 カオチェーは本来ソンクラーン期に暑気払いとして食べる料理だそうですが、こちらのお店では一年中扱っているとの情報を得て、季節外れの人生初カオチェー。 花の香りがする氷水に浸かった、やや硬めに炊かれたサラサラのご飯。 なんて美しい食べ物でしょう! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南(台湾)陳家蚵捲:蚵仔酥

蚵仔酥。 小粒のカキに衣をつけて揚げてあるのですが、これはものすごくおいしい! カキの味と香りが直接来る…そして何と言っても衣がおいしい。 さっくりしているがフワフワしておらず、ちょっと硬めの絶妙な衣。 スナック菓子を食べる感覚でどんどんパクパク食べられてしまう~~ このお店の注文の仕方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スワンナプーム国際空港(タイ)マジックフードポイント:揚げソムタム

突き当りの一番左端のブースにて。 Fried Papaya Saladって何だろう? 揚げソムタムってこと?そんな料理あるの?…と謎に思いながら注文。 (後で調べたら、タイ語で「ソムタムトード」と書いてあるんですね。) 登場したのは、ごぼうのかき揚げみたいな食感の揚げパパイヤの上に、小エビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)ビジャン:ドリアンケーキ2種

チョコレートドリアンケーキ。 フォークで切ると、どことなくドリアン果肉の肉質を思わせるその断面。 ドリアンチーズケーキ。 ドリアンのチーズっぽさというよりむしろフルーツ感が活きた味わい。 チョコやチーズと見事に一体化しながらもその個性を失わないドリアンは、やはり恐ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)スイートチャットカフェ:ドリアンパンケーキ

なめらかなクレープ状の生地に、ドリアンクリーム&生クリームが包まれています。 割ったところ。 カスタードクリームのようなドリアンクリームは、生クリームと好相性。 ドリアンの匂いと質感はわりとそのまんま。 何て言うか…この、クリームの見た目の繊維っぽさが、まさにドリアンなのでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京(中国)聴 li (麗へんに鳥)館:宮廷料理

頤和園の中にある、宮廷料理が食べられるお店です。 コース2人前のメニュー。 何人前であろうと一人あたりの価格は同じ。 人数が増えるとその分料理の種類が多くなる仕組み。 「宮廷料理って本当にこんなもんだったの?」という思いは正直、強い… しかし確かに、昔、台北の宮廷菓子店「京兆尹」へ行ったときに食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:ナンいろいろ

ヒヴァで食べたナン↑ ブハラで食べたナン↑ タシケントで食べたナン↑ サマルカンドで食べたナン↑ 「サマルカンドのナンが一番おいしい」と言われているらしいけれど、私はあまりそうは思わなかったです。 もしかしたら、ウズベキスタンでは「ここらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:オレンジ色のレモン

成田発のウズベキスタン航空に乗って驚いたこと。 紅茶のお供がレモンの薄切りではなくオレンジの薄切りだったこと。 なんてシャレているんだろうとびっくりした。 そのときはコーヒーを飲んだ。 それっきりこのオレンジティーの件は忘れてしまったのだけど… ウズベキスタンに到着して数日後、サマルカンドでバザールを見に行くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タシケント(ウズベキスタン)中央アジアプロフセンター:プロフ

地下鉄ユーヌサバッド線の終点(2016年5月時点)で降り、テレビ塔目指して歩くこと約10分。 右手ちょい奥まったところに位置する「中央アジアプロフセンター」。 プロフはレストラン手前の屋外厨房みたいな場所で作られていました。 調理から盛り付けまで全部そこで行っている模様。 大鍋の横には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)宝香肉骨茶Pavilion KL店:バクテー

バクテー発祥の地・クランに本店があるという宝香の、ここはパビリオンクアラルンプール店。 おそろいの茶器、食器。 こんなふうにちっちゃい火にかかった状態でサーブされる。 ここのバクテーは、肉の部位ごとに注文できるバクテー。 好き嫌いが多い人には良いかもね。 排骨。 あばらですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)新峰肉骨茶:バクテー

旅行者よりも地元客が多い新峰。 高級車で乗り付ける家族客が引きも切らず。 15年前に初めてパッケージツアーでKLを旅行したとき、限られた自由行動時間で憧れのチキンライスを食べようか未知なる料理バクテーを食べようか散々迷って現地ガイドさんに意見を求めたら「バクテー」と当然のように即答され、インビ通りのこのお店を教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄亜細肉骨茶餐室Rangoon Road店(シンガポール):バクテー

改装したという噂に一抹の不安を抱きつつ、2004年以来約10年ぶりの訪問。 が、変わっていたのは外装、内装、食器、スタッフの制服。 肝心のメニューも味も昔と同じで安堵! ローカル朝食体験目当ての旅行者の何と多いことよ… タイ人の団体がバスで乗り付け、店内は激混みです。 という自分も空港からタクシーで直行した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェムリアップ(カンボジア)ラッキーバーガー:ラムバーガー

ラッキーモール2階のファストフード店「ラッキーバーガー」です。 ラム肉バーガーって珍しい! 立て看板の「1st time ever」の文句に誘われ、期待しつつ入店。 ちょっとMクドナルドっぽい店内。 「ラッキーバーガー」はここだけじゃなく国内いろんなところにあるらしい。 旅行者目線で勝手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北(台湾)澳門骨堡火鍋餐廳:マカオ骨鍋

こういう状態で運ばれてきて ぐつぐつ煮て さぁ取り掛かるよ~ 左手にビニール手袋。右手にナイフ。 へばりついた肉をナイフでこそぎ取って、小皿のタレをつけながら食す。 お楽しみはここからだ。 骨の真ん中の穴に箸を突き刺し… ガシガシ骨髄を削り… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基隆(台湾)羊妹妹羊肉美食坊:羊肉魯飯

台湾に魯肉飯を食べさせる店は数あれど、使用される肉は通常豚肉。 しかし、基隆廟口夜市・奠濟宮入口「羊妹妹羊肉美食坊」では羊肉を使った魯肉飯が食べられる!ということで、滞在中の台北から基隆まで わざわざ そのためだけに 足を伸ばしてみました。 しっとりした口当たり。 肉の大きさが不均一。 コラーゲンのトロト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)ナトラブ:パダン料理

バリ島サヌール地区、ングラライバイパス沿いのパダン料理店。 2013年8月に訪問。 ヌサドゥア店近日オープンの貼り紙がありました。 席に着くとワーッとたくさんの料理が運ばれてきて、食べた分だけ最後に会計をする方式です。 お茶も運ばれてきますが、タダではなく有料。Rp.4,000。 ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンクトペテルブルク(ロシア)デミヤーノヴァ・ウハー:魚料理

デミヤーノヴァ・ウハーは魚料理のお店です。 お店に入ってまずおじさんに「魚しかないけど大丈夫か」みたいなことを聞かれました。 かわいい魚の絵が描かれた塩・コショウ入れ。 「33」の札はコートを預けたクロークの引き換え札。 黒パン。 2人前頼んだら3枚出てきました。 真ん中で切ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イスタンブール(トルコ)パスターネあちこち:トルコ菓子

イェニ・ジャーミィそばのハーフズムスタファにて、タクウ・ギョウスュ。 目当てのカザンディビがショーケース内に見当たらなくて、店員さんに聞いてみたら「カザンディビはないけど、これもチキン入りで同じもの。」とすすめられた。 ネバッ、トロッ、モチッとした口当たりでミルキーな味わい。 鶏肉の香りと繊維っぽい食感は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)SPチキン:ガイヤーン

ガイヤーンの名店SPチキンが、2013年5月にワットプラシンの近くに移転したそうです。 ワットチェンマンの近くにあった頃(上の写真)に一度だけ行ったことがあります。 何羽もの鶏を店頭でグルグル回転させながら炙り焼きにしているちょっと野生的なムードの店構えとは裏腹に、食器はKEYUCAで売っていそうな純白のお皿、盛り付け方…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

赤福(伊勢おはらい町):赤福氷

伊勢神宮で買い物をすると、品物を素敵なショッパー(と言うのだろうか?)に入れてくれます。 おはらい町の「赤福」本店で、夏季限定の「赤福氷」を。 (実際には、赤福氷が食べられるのは本店本体ではなく、向かい側の別店舗です。) 甘くさっぱりした抹茶シロップのかき氷。 毎年ゴールデンウィーク前から始まるようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人形町今半(宅配):よろこび膳

すき焼きで有名な「今半」ケータリング部「よろこび膳」。 29,400円の三段重ね折詰弁当。 お肉はもちろん、あわびや蟹など高級食材を使った料理がぎっしり。 一の重。 二の重。 三の重。 届けてくれた人がきちんとスーツ姿だったのでビックリしました。 甘い卵焼き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク(タイ)セラドン:チョーラッダ

「ザ・スコータイバンコク」内のタイ料理レストラン「セラドン」にて憧れの「チョーラッダ」を食す。 お花を模した形の、豚そぼろ入り蒸し餃子…といったところでしょうか。 上にちょこんと乗っているのはココナッツクリーム。 皮は柔らかいが、プルプル弾力がある感じではなく、味はほんのり甘い。 そして中の豚そぼろはジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more