テーマ:旅行

台北(台湾)澳門骨堡火鍋餐廳:マカオ骨鍋

こういう状態で運ばれてきて ぐつぐつ煮て さぁ取り掛かるよ~ 左手にビニール手袋。右手にナイフ。 へばりついた肉をナイフでこそぎ取って、小皿のタレをつけながら食す。 お楽しみはここからだ。 骨の真ん中の穴に箸を突き刺し… ガシガシ骨髄を削り… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基隆(台湾)羊妹妹羊肉美食坊:羊肉魯飯

台湾に魯肉飯を食べさせる店は数あれど、使用される肉は通常豚肉。 しかし、基隆廟口夜市・奠濟宮入口「羊妹妹羊肉美食坊」では羊肉を使った魯肉飯が食べられる!ということで、滞在中の台北から基隆まで わざわざ そのためだけに 足を伸ばしてみました。 しっとりした口当たり。 肉の大きさが不均一。 コラーゲンのトロト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア:椰子砂糖とスパイス

上は【GULA AREN】。 成分:純天然棕櫚糖 Ingredients:Arenga Palm Sugar と包みに印字されています。 硬めで、包丁で切りにくい。 日本の黒飴みたいな味がします。 下は【GULA KELAPA】。 成分:純天然椰糖 Ingredients:Cocos Palm Sugar と包…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)ナトラブ:パダン料理

バリ島サヌール地区、ングラライバイパス沿いのパダン料理店。 2013年8月に訪問。 ヌサドゥア店近日オープンの貼り紙がありました。 席に着くとワーッとたくさんの料理が運ばれてきて、食べた分だけ最後に会計をする方式です。 お茶も運ばれてきますが、タダではなく有料。Rp.4,000。 ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンクトペテルブルク(ロシア)デミヤーノヴァ・ウハー:魚料理

デミヤーノヴァ・ウハーは魚料理のお店です。 お店に入ってまずおじさんに「魚しかないけど大丈夫か」みたいなことを聞かれました。 かわいい魚の絵が描かれた塩・コショウ入れ。 「33」の札はコートを預けたクロークの引き換え札。 黒パン。 2人前頼んだら3枚出てきました。 真ん中で切ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イスタンブール(トルコ)パスターネあちこち:トルコ菓子

イェニ・ジャーミィそばのハーフズムスタファにて、タクウ・ギョウスュ。 目当てのカザンディビがショーケース内に見当たらなくて、店員さんに聞いてみたら「カザンディビはないけど、これもチキン入りで同じもの。」とすすめられた。 ネバッ、トロッ、モチッとした口当たりでミルキーな味わい。 鶏肉の香りと繊維っぽい食感は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ:ヤードム

スクンビットのトップスで買ったヤードム。 仁丹+カレーのような香りがします。 素敵なアンティーク調の容器。 おもむろにポケットから取り出し、優雅にクンクンやってみたい。(もちろん日本で!) きっとその場にいる人全員から羨望の眼差しを浴びまくることでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)SPチキン:ガイヤーン

ガイヤーンの名店SPチキンが、2013年5月にワットプラシンの近くに移転したそうです。 ワットチェンマンの近くにあった頃(上の写真)に一度だけ行ったことがあります。 何羽もの鶏を店頭でグルグル回転させながら炙り焼きにしているちょっと野生的なムードの店構えとは裏腹に、食器はKEYUCAで売っていそうな純白のお皿、盛り付け方…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

赤福(伊勢おはらい町):赤福氷

伊勢神宮で買い物をすると、品物を素敵なショッパー(と言うのだろうか?)に入れてくれます。 おはらい町の「赤福」本店で、夏季限定の「赤福氷」を。 (実際には、赤福氷が食べられるのは本店本体ではなく、向かい側の別店舗です。) 甘くさっぱりした抹茶シロップのかき氷。 毎年ゴールデンウィーク前から始まるようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク(タイ)セラドン:チョーラッダ

「ザ・スコータイバンコク」内のタイ料理レストラン「セラドン」にて憧れの「チョーラッダ」を食す。 お花を模した形の、豚そぼろ入り蒸し餃子…といったところでしょうか。 上にちょこんと乗っているのはココナッツクリーム。 皮は柔らかいが、プルプル弾力がある感じではなく、味はほんのり甘い。 そして中の豚そぼろはジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国:ウイグル茶

クチャ最大の商店街「杏花商業歩行街」そばの超市(=スーパー)で買ったウイグル茶3点。 写真は箱の表と裏。 超市にはウイグル系の店と漢系の店があって、日用品から食材まで品揃えがまるで違いました。 それぞれの生活習慣や文化の違いを垣間見るようで、興味深かったです。 このお茶はもちろんウイグル系の店で購入したもの。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア:チェ・ブラーシカTシャツ

モスクワ革命広場付近に並んでいる土産物露店で、目当てのコイツをやっと見つけたぜ! ゲバラに扮したチェブラーシカが銃を構えるイカした絵柄のこのTシャツ、何年も前から存在は知っていて、いつかロシアに行ったら絶対買おう~と意気込んでいたんだけど、なかなか見つからなくて探し回ってしまった!! どこ製かはわからないけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄:ハイビスカス

ピンクのハイビスカス。 華奢な形。 ハイビスカスっていろんな種類があるんですね。 こっちも同じピンク色のハイビスカスだけど、もっとぽってりした形で、中心の色が濃い。 蕊の様子もちょっと違う。 赤い花。 花びらのふちがギザギザしているものもあれば… そうでないものも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄:島バナナ

沖縄の小ぶりのバナナ。 熟れると皮が裂けてくるとのこと。 香りがとても良かったです。 典型的なバナナの香りではなく、バナナじゃない果物の香りが混じっている。 でもその果物が何なのかはわからない…けど、何となく知っている香り。 甘くて酸味もあって、濃厚な味でおいしい。 モコモコ系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちなー居酒屋じんじん(那覇国際通り):行って後悔した!!

生まれて初めての沖縄旅行、最後の夜に訪れた国際通りの「居酒屋じんじん」という店のせいで、それまでの楽しかった沖縄の思い出すべてが台無しになる結末に… 女将に促されてカウンターに座ったのだが、店主が私に一言も口をきかず、視線も合わせず、こちらに背を向けて立ち、他の客(常連客?)とだけやりとりするその露骨な無視っぷりに驚いた。 一見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ(ロシア)ゲナツヴァレ:グルジア料理

グルジア料理「ゲナツヴァレ」の本店。 救世主キリスト聖堂のちょっと先。 バクラジャーン ス アレーハミィ 390P くるみペーストをなすで包んだ料理。 くるみペーストは、どこかカレーを思い出す風味がほんのりと。 フェネグリークかな? なすもペーストも柔らかい食感。 上に乗ったざくろの硬さが良いア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ(ロシア)アララット・パーク・ハイアット:男子トイレ

1階男子トイレ。 流し台をぐーんと横長にしたような小便器。 隣の人との間隔を詰めれば、何人でも同時に用が足せそう。 ロシア旅行中、こういうタイプの小便器を備えた男子トイレは、どこか他でも見た気がしないでもない… しかしラグジュアリーさにおいては、この5つ星高級ホテル「アララット・パーク・ハイアット」が最も印象的。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ(ロシア)カフェ・アララット:アルメニア料理

アララット・パーク・ハイアットホテル内のアルメニア料理店「カフェ・アララット」。 お通しはチーズ、大根みたいな根菜と香草、パンはバゲットとラヴァッシュ。 ラヴァッシュはアルメニアのパンだそうです。 シート状ですが具材を巻けるようなしなやかさはなく、無理して巻くとヒビが入る感じ。 チー鱈の鱈の部分のような口当たり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエロフロート・ロシア航空(モスクワ→成田):フォーチュンクッキー

モスクワ→成田の朝食。 フォーチュンクッキーがついていました。 中におみくじが入っているので、そのまま食べてしまわないように注意しましょう!! おいしいベリーのジャムを包んだブリヌイ。 アエロフロートは機内食がおいしいと思いました。 それから、紙おしぼり(チューリップの袋)が厚くて大判なのが良かったです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)エイティガール寺院そばの屋台街:ウプッケエースイプ

エイティガール寺院の向かい、老城地区に入る手前あたりの屋台街で食べた、米を詰めた羊の腸と肺。 「5塊、3塊、2塊どれにするか?」と聞かれ、お金の「塊」なのかかたまりの「塊」なのかわからなくて(同じ発音kuai4なので)とりあえず「2塊」を選びましたが、肺も腸も2切れ以上入っていて、会計は3塊だったという謎! でも、大きい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香舗能登屋(高山):さるぼぼ香立

飛騨高山の古い町並みにあるお香屋さん。 伽羅、沈香、白檀のセット。 右手の穴にお香をセットして…剣みたい。カワイ~イ ヤアッ!という声が聞こえてきそう。 灰が落ちるので、焚く時はお皿の上にのせて… お香が短くなってくると、タイマツを持っているようにも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ空港(タイ)カオソイハウス:カオソイヌア

カオソイヌア。 99バーツ。 やけに黄色い、カレーっぽさの強いスープが印象的。 肉はこれまで市内の3店で食べたカオソイヌア同様、台湾牛肉麺のような感じでしたが、煮込みが足りないのかあまり柔らかくない… 麺は平ちぢれ麺。 揚げ麺は細い。 麺・肉ともにたっぷり目で、日本で食べる標準的なラーメンぐら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)サムチャイ:カオソイヌア

カオソイヌア。 30バーツ。 肉は今まで食べた「カオソイイスラム」「ラムドゥアン」と大きな違いはないような…。 スープは「ラムドゥアン」よりあっさり、「イスラム」よりしっかりした味に感じましたが、ダシはここが一番強いかもしれない。 麺は平麺で、中の麺は少なめ、揚げ麺の量は多かったです。 丼に渡した箸の上に、漬物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)ラムドゥアン:カオソイヌア

カオソイヌア。 30バーツ。 ココナッツミルクが多いのか、甘みがあって濃いめのスープです。 カレーっぽさ濃厚。 ハーブ香も強い。 肉は前日食したカオソイイスラムの肉同様、台湾の牛肉麺みたいな感じ。 麺は、中に入っている麺も上にのっている揚げ麺も平べったい形で、どちらも量が少ないです。 具のほうが多い感じ。 漬…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)カオソイイスラム:カオソイヌア

カオソイヌア。 35バーツ。 スジっぽいゼラチン質のような部位をよ~く煮込んだ感じの牛肉。 牛の香り豊かなカレー風味スープ。 麺は、インスタント麺みたいな食感の小麦麺。 これはカオソイガイ。 35バーツ。 ヌアよりあっさり軽い味、辛さもほとんどありません。 共通スープで肉だけ違うものをトッピングし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤングセンター(別府鉄輪温泉):カラオケ大会

ヤング劇場の入口と本館宿泊入口は一緒です。 館内には各種注意書きが掲示されているのですが、どれもたいへん大きな文字で書かれており、観劇客同様、宿泊客の平均年齢も高いということがわかります。 客室トイレのドアの注意書きも大きな文字です。 エレベーター内の注意書き。 定員オーバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什と庫車(中国):マンホールの蓋

喀什で見たマンホールの蓋たち。 まずこちら、「排 喀什市政」。 釘の先でカリカリ書いたような文字が素朴でステキ。 「下水 喀什市汚水廠」。 「喀什市自来水公司 表井 喀什農機廠製」。 自来水・・・水道水、上水。 表井・・・水道のメーターボックス。 だそうです。 これは庫車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善光寺(長野県):マンホールの蓋

善光寺のそばで見たマンホールの蓋。 「下水」の「下」。 「仕切弁」の「仕」。 おまけ。 善光寺・鐘楼の前に出ていた木製バリケード。 後ろの立て札拡大。  鐘楼にはのぼらないで下さい  善光寺  PLEASE DO NOT GO UP IN THE BELL TOWE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more