テーマ:旅行

マシャド(イラン)名前が読めない店:レバー、手羽中、マッシュルームなど

レバーを焼いたのを食べたくて、街を徘徊していて見つけたお店。 エマームレザー通り、ジャヴァドホテルの隣の隣あたり。 ショーケースには美しい串がぎっしり。 どうやって注文しようか、何を食べようか考えていると、すぐ後ろで肉を焼いている人が「一通り焼こうか?」的なことを聞いてくれた。 親切な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン:生ゼレシュクと生ピスタチオ

ゼレシュク。 日本語ではメギですね。 ゼレシュクポロに入っているドライ版は何度も食べたことがありますが 生を食べるのは初めて。 すっぱい! ユスラウメのような、少し渋みというかアクのある野生の風味。 カリッとして硬い実と、熟れてフヨフヨな実が混在。 そして、前回のイラン旅行で味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)バビグリンサヌール:スプ・アレス

おいしいバビグリンが食べられるワルンと聞いて「バビグリンサヌール」初訪問。 10時50分頃、マクドナルドの前あたりからこの店を見ると入り口にシャッターが。 確か営業時間は10時~という情報だったはずなのに、今日は休みか?と不安を覚えつつ道路を渡り店の前へ行くと「11時オープン」の札。 シャッターの前で待っている外国人男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成都(中国)王媽手撕kao(火偏に考)兔:ウサギの丸焼き

地下鉄・倪家橋で降りてちょっと歩いて、ウサギの丸焼き「王妈手撕烤兔」へ。 テイクアウト専門店。 日曜の昼下がり、窓口の前には10人ばかり行列が出来ていましたが、客層はリピーター風の人ばかり。 注文も会計も商品受け渡しもパッパッと手際よく行われるため、それほど待ち時間は長くありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南(台湾)阿忠漁粥:魚皮湯

魚皮湯NT$100 油篠NT$15 この皮は、ほかの料理のために身を取った後の残り物を利用しているのか? それともこのスープ用に剥いだ皮を使っているのか? どっちなのかわかりませんが、身はたくさんついています。 生姜が効いてピリッとする。 虱目魚肉炒飯 NT$100 サバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)エイティガールモスク周辺:夏の果物

果物店でスイカ。 1切れ2元。 よく熟れていて甘い。 種が少ない。 後ろに並んでいるのは桃。 1個試食させてくれました。 少々モサッとした口当たりでしたが、果汁たっぷりで甘く柔らかく、おいしかったです。 いちじく1個5元。 日本では見かけない黄色い品種。 その辺の露店のあちこちで山積みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)百年老茶館:サフランティー

カシュガルの職人街にある茶房。 2011年に行ったときはこんな外観でしたが きれいになったもんだ。 店名も変わっている。 改名したのか? 違う店になったのか? 前は「吾斯塘博依老餛飩茶園儿/OSTANGBOY OLD TEAHOUSE AND DUMPLING」という看板がかかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:チャイ

ブハラのラビハウズほとり、らくだの置物があるチャイハナ(名前不明)。 夜、「コクチャイ」を飲みました。 「コクチャイ」は「青茶」の意。 英語で表現する場合、現地の人は「グリーンティー」と呼ぶようです。 味わいは、中国の緑茶のような感じ…龍井茶とか。 日本の緑茶とはちょっと違います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海浦東国際空港(中国)回味:招牌套餐

第一ターミナル出発ロビー「回味」にて、招牌麺+湯包のセットを。 招牌麺うまい! どんぶりは紙製だし、スプーンは使い捨てのペラペラだし、所詮空港内の店だし、どうせ高いだけでたいしておいしくないんでしょう?とナメてかかっていましたが…これはうまい! 五香粉のような香りがして中国風味なのだけれど、スープの脂っこさが日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク(タイ)ラーイロット:カオチェー

トンローのサミティヴェート病院そばの「ラーイロット」です。 カオチェーは本来ソンクラーン期に暑気払いとして食べる料理だそうですが、こちらのお店では一年中扱っているとの情報を得て、季節外れの人生初カオチェー。 花の香りがする氷水に浸かった、やや硬めに炊かれたサラサラのご飯。 なんて美しい食べ物でしょう! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南(台湾)陳家蚵捲:蚵仔酥

蚵仔酥。 小粒のカキに衣をつけて揚げてあるのですが、これはものすごくおいしい! カキの味と香りが直接来る…そして何と言っても衣がおいしい。 さっくりしているがフワフワしておらず、ちょっと硬めの絶妙な衣。 スナック菓子を食べる感覚でどんどんパクパク食べられてしまう~~ このお店の注文の仕方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スワンナプーム国際空港(タイ)マジックフードポイント:揚げソムタム

突き当りの一番左端のブースにて。 Fried Papaya Saladって何だろう? 揚げソムタムってこと?そんな料理あるの?…と謎に思いながら注文。 (後で調べたら、タイ語で「ソムタムトード」と書いてあるんですね。) 登場したのは、ごぼうのかき揚げみたいな食感の揚げパパイヤの上に、小エビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国東方航空(上海→バンコク):バナナと菓子パン

機内食(軽食)サービスが始まり、ワゴンが姿を現した。 CAが乗客に何やら紙袋をポンポンと手渡してゆく。 私は、袋ごと温めたハンバーガーとかピザ的なものが中に入っていることを想像したが… 袋を開けると、バナナ丸ごと1本と菓子パン2個が出てきた。(常温です。) 以前、羽田→バンコクのタイエア深夜便でこうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヴァ(ウズベキスタン)イチャンカラ東門外のバザール:謎の植物

朝、東門(パルヴァン・ダルヴァザ門)外のデフコンバザールで見かけた謎の植物…干し草? ガイドさんにこれは何かと聞くと「羊の餌に混ぜるもの」とのこと。 消化が良くなり毛質が良くなるとの話でありました。 名前は「シェルハ―」と聞こえました。 しかし帰国後調べてみるも全くウラが取れず… 本当かね? ご存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)ビジャン:ドリアンケーキ2種

チョコレートドリアンケーキ。 フォークで切ると、どことなくドリアン果肉の肉質を思わせるその断面。 ドリアンチーズケーキ。 ドリアンのチーズっぽさというよりむしろフルーツ感が活きた味わい。 チョコやチーズと見事に一体化しながらもその個性を失わないドリアンは、やはり恐ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)スイートチャットカフェ:ドリアンパンケーキ

なめらかなクレープ状の生地に、ドリアンクリーム&生クリームが包まれています。 割ったところ。 カスタードクリームのようなドリアンクリームは、生クリームと好相性。 ドリアンの匂いと質感はわりとそのまんま。 何て言うか…この、クリームの見た目の繊維っぽさが、まさにドリアンなのでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オマーン:ドライレモン

マトラスークで購入したドライレモン。 きっかけは、オマーン旅行に出発する前、現地レストランのメニューを予習中にたびたび遭遇した「ドライレモン」「ドライライム」なる語句… 一体何のことだ? 調べてみると、中東特有の食材であることが判明。 料理に使用するほか、砕いて煮出してお茶にするとのこと。 そしていざ出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京(中国)聴 li (麗へんに鳥)館:宮廷料理

頤和園の中にある、宮廷料理が食べられるお店です。 コース2人前のメニュー。 何人前であろうと一人あたりの価格は同じ。 人数が増えるとその分料理の種類が多くなる仕組み。 「宮廷料理って本当にこんなもんだったの?」という思いは正直、強い… しかし確かに、昔、台北の宮廷菓子店「京兆尹」へ行ったときに食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:チャチチ

ナンに空気穴をあけ模様をつける道具「チャチチ」。 ヒヴァ内城の露店にて購入。 大・中・小・3本あわせて5ドルで。 これずっと使ってみたくて、絶対買おう!と出発前から決めていました。 差し込むときは良いのですが、抜くときに若干生地がくっつきやすいです。 あらかじめ粉をつけておくとそれを防げます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:ナンいろいろ

ヒヴァで食べたナン↑ ブハラで食べたナン↑ タシケントで食べたナン↑ サマルカンドで食べたナン↑ 「サマルカンドのナンが一番おいしい」と言われているらしいけれど、私はあまりそうは思わなかったです。 もしかしたら、ウズベキスタンでは「ここらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベキスタン:オレンジ色のレモン

成田発のウズベキスタン航空に乗って驚いたこと。 紅茶のお供がレモンの薄切りではなくオレンジの薄切りだったこと。 なんてシャレているんだろうとびっくりした。 そのときはコーヒーを飲んだ。 それっきりこのオレンジティーの件は忘れてしまったのだけど… ウズベキスタンに到着して数日後、サマルカンドでバザールを見に行くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タシケント(ウズベキスタン)中央アジアプロフセンター:プロフ

地下鉄ユーヌサバッド線の終点(2016年5月時点)で降り、テレビ塔目指して歩くこと約10分。 右手ちょい奥まったところに位置する「中央アジアプロフセンター」。 プロフはレストラン手前の屋外厨房みたいな場所で作られていました。 調理から盛り付けまで全部そこで行っている模様。 大鍋の横には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)宝香肉骨茶Pavilion KL店:バクテー

バクテー発祥の地・クランに本店があるという宝香の、ここはパビリオンクアラルンプール店。 おそろいの茶器、食器。 こんなふうにちっちゃい火にかかった状態でサーブされる。 ここのバクテーは、肉の部位ごとに注文できるバクテー。 好き嫌いが多い人には良いかもね。 排骨。 あばらですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアラルンプール(マレーシア)新峰肉骨茶:バクテー

旅行者よりも地元客が多い新峰。 高級車で乗り付ける家族客が引きも切らず。 15年前に初めてパッケージツアーでKLを旅行したとき、限られた自由行動時間で憧れのチキンライスを食べようか未知なる料理バクテーを食べようか散々迷って現地ガイドさんに意見を求めたら「バクテー」と当然のように即答され、インビ通りのこのお店を教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄亜細肉骨茶餐室Rangoon Road店(シンガポール):バクテー

改装したという噂に一抹の不安を抱きつつ、2004年以来約10年ぶりの訪問。 が、変わっていたのは外装、内装、食器、スタッフの制服。 肝心のメニューも味も昔と同じで安堵! ローカル朝食体験目当ての旅行者の何と多いことよ… タイ人の団体がバスで乗り付け、店内は激混みです。 という自分も空港からタクシーで直行した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マレーシア航空(関西→クアラルンプール):ビールとトイレの謎の袋

「ビールはいかがですか~」とお盆に缶ビールをぎっしり載せてCAが客席をめぐる、気前の良いマレーシア航空。 1缶丸ごともらえます。 銘柄はこちらプレミアムモルツのほかハイネケン、タイガーがあった覚えが。 そんなことより、トイレ内部の手すりに結び付けられていたこの袋はいったい何だったのか。 匂い袋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェムリアップ(カンボジア)ラッキーバーガー:ラムバーガー

ラッキーモール2階のファストフード店「ラッキーバーガー」です。 ラム肉バーガーって珍しい! 立て看板の「1st time ever」の文句に誘われ、期待しつつ入店。 ちょっとMクドナルドっぽい店内。 「ラッキーバーガー」はここだけじゃなく国内いろんなところにあるらしい。 旅行者目線で勝手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア:ABCエクストラスタウト

ABCってシンガポールのビールだよね? 輸入ビールなのにずいぶん安いなぁ、近いからかな~と思ってよく見たらカンボジア製だった。 ライセンス生産なのですね。 画像検索すると、ライオンの色が白い版と黒い版があるみたいなんだけど、何か違いがあるんでしょうか? 「補」の文字も謎!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more