インドネシア:ダダール

画像


ココナッツの椰子砂糖煮を、モチッとした食感の皮で包んだお菓子「ダダール」。
日本の桜餅の作り方を思い出しながら、自己流で作ってみました。
(ちなみに「本物」はたった一度だけ、ロンボク島のオベロイのアフタヌーンティーで食べたことがあるのみ…)

皮の部分は、ココナッツミルク、卵、砂糖、パンダンリーフエッセンス、食緑、粉(白玉粉+薄力粉)を合わせたタネで作ることにしました。

白玉粉入りの生地は普通のフライパンで焼くとくっついて破れてしまうので、フッ素樹脂加工のフライパンやホットプレートを使いたいところですが、どちらも持っていない私は電子レンジを使用します。

画像


お皿にラップをピーンと張り、タネを広げてそのまま電子レンジへ。
700Wで1分。

画像


ラップからはがした後は、1枚ずつキッチンペーパーを挟んでおきます。

画像


詰め物は、椰子砂糖+ココナッツ+水を合わせ、鍋で煮て作りました。
椰子砂糖は、塊(手前左)と粉状(顆粒状?手前中央)のどちらを使おうか迷いましたが、削る手間が省ける粉状のものを選びました。
ココナッツ(手前右)は細切りタイプです。

画像


皮同様、こちらもパンダンリーフエッセンスで香りづけ。

画像


巻いて完成!
ちょっと皮が厚かったかな~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック