テーマ:食べ物

沖縄:島バナナ

沖縄の小ぶりのバナナ。 熟れると皮が裂けてくるとのこと。 香りがとても良かったです。 典型的なバナナの香りではなく、バナナじゃない果物の香りが混じっている。 でもその果物が何なのかはわからない…けど、何となく知っている香り。 甘くて酸味もあって、濃厚な味でおいしい。 モコモコ系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ(ロシア)ゲナツヴァレ:グルジア料理

グルジア料理「ゲナツヴァレ」の本店。 救世主キリスト聖堂のちょっと先。 バクラジャーン ス アレーハミィ 390P くるみペーストをなすで包んだ料理。 くるみペーストは、どこかカレーを思い出す風味がほんのりと。 フェネグリークかな? なすもペーストも柔らかい食感。 上に乗ったざくろの硬さが良いア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスクワ(ロシア)カフェ・アララット:アルメニア料理

アララット・パーク・ハイアットホテル内のアルメニア料理店「カフェ・アララット」。 お通しはチーズ、大根みたいな根菜と香草、パンはバゲットとラヴァッシュ。 ラヴァッシュはアルメニアのパンだそうです。 シート状ですが具材を巻けるようなしなやかさはなく、無理して巻くとヒビが入る感じ。 チー鱈の鱈の部分のような口当たり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)エイティガール寺院そばの屋台街:ウプッケエースイプ

エイティガール寺院の向かい、老城地区に入る手前あたりの屋台街で食べた、米を詰めた羊の腸と肺。 「5塊、3塊、2塊どれにするか?」と聞かれ、お金の「塊」なのかかたまりの「塊」なのかわからなくて(同じ発音kuai4なので)とりあえず「2塊」を選びましたが、肺も腸も2切れ以上入っていて、会計は3塊だったという謎! でも、大きい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ空港(タイ)カオソイハウス:カオソイヌア

カオソイヌア。 99バーツ。 やけに黄色い、カレーっぽさの強いスープが印象的。 肉はこれまで市内の3店で食べたカオソイヌア同様、台湾牛肉麺のような感じでしたが、煮込みが足りないのかあまり柔らかくない… 麺は平ちぢれ麺。 揚げ麺は細い。 麺・肉ともにたっぷり目で、日本で食べる標準的なラーメンぐら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)サムチャイ:カオソイヌア

カオソイヌア。 30バーツ。 肉は今まで食べた「カオソイイスラム」「ラムドゥアン」と大きな違いはないような…。 スープは「ラムドゥアン」よりあっさり、「イスラム」よりしっかりした味に感じましたが、ダシはここが一番強いかもしれない。 麺は平麺で、中の麺は少なめ、揚げ麺の量は多かったです。 丼に渡した箸の上に、漬物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)ラムドゥアン:カオソイヌア

カオソイヌア。 30バーツ。 ココナッツミルクが多いのか、甘みがあって濃いめのスープです。 カレーっぽさ濃厚。 ハーブ香も強い。 肉は前日食したカオソイイスラムの肉同様、台湾の牛肉麺みたいな感じ。 麺は、中に入っている麺も上にのっている揚げ麺も平べったい形で、どちらも量が少ないです。 具のほうが多い感じ。 漬…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェンマイ(タイ)カオソイイスラム:カオソイヌア

カオソイヌア。 35バーツ。 スジっぽいゼラチン質のような部位をよ~く煮込んだ感じの牛肉。 牛の香り豊かなカレー風味スープ。 麺は、インスタント麺みたいな食感の小麦麺。 これはカオソイガイ。 35バーツ。 ヌアよりあっさり軽い味、辛さもほとんどありません。 共通スープで肉だけ違うものをトッピングし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喀什(中国)職人街:鴿子湯

鴿子湯―鳩スープのお店。 ウイグル語が読めないので、店名わからず。 (看板に英語で「PIGEONS SOUP RESTAURANT」と書いてあるけれど、店名ではないと思う) 庫木代爾瓦扎路沿い。 隣は自転車屋さん。 店内にはテーブルが1台、それをぐるっと囲んで椅子が数脚。 お店の人は、ご夫婦でしょうか…男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸政(茅野駅):信州名物野沢菜入りかつサンド

「信州名物野沢菜入りかつサンド」を求めて、茅野駅へ行きました。 カツが、一枚の厚い肉ではなく細かい肉の集まりなので、噛んだ時にほぐれる感じがして良いです。 カツと野沢菜とパンの相性も悪くありません。 しかし、どうしても野沢菜でなければ!というほどのものでもないような… 別添のマヨネーズをかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)セデルハナ:パダン料理

DFSギャラリアそばのSEDERHANAで、パダン料理初体験。 ガラス越しに料理の皿を積み上げるディスプレイはパダン料理店のしるし。 店の前にマルタバ屋台がありましたが、このときは使われていなかった様子。 「Telur Gulai」1個Rp.4,000 たまごのココナッツミルクカレーソース煮。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mak’s Noodle(香港):世家雲呑麺

魚をあぶったような、香ばしい風味のスープ。 麺は細く、くしゅくしゅっとした口当たり。 麺をかき分けるとワンタンが出てきます。 ワンタンの中には、プリプリしたエビが。 地元の人らしい隣のお客さんの食べ方を見ていると、ワンタンはワンタンとして(麺の具としてではなく)、小皿に自分で作ったタレにつけな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

義順牛nai公司(香港):牛乳プリン

牛乳プリンで有名なマカオの「義順」、ここは香港・佐敦店です。 やさしい甘さの牛乳プリン。 冷たいのと温かいのがあり、この日食べたのは温かいほう。 蒸し汁の中に寄せ豆腐のような柔らかいかたまりが浮いている感じ。 表面に、牛乳を沸かしたときにできるような薄い膜が張っています。 そして憧れの生姜プリン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)ジョグジャカルタ:なまずゴレン

あれから3年…皮パリパリ揚げたてアヤムゴレンの店「ジョグジャカルタ」に2度目の訪問。 前回との違いは ・ガラスの壁で仕切られた禁煙ルームができていた。 ・エアコンがついていた。 ・壁が新しいきれいなタイル貼りになっていた。 更に大きな違いは ・メニューが増えていた。 ・値上がりしていた!(ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)ハイパーマート:クレポンとオンゴルオンゴル

クレポンは、中に椰子砂糖蜜が入ったお団子。 かじると蜜があふれてくる。 お団子は、甘さがなくて少しだけしょっぱいような味。 歯ごたえは、ところどころ芯のある白玉団子といったところ。 ココナッツフレークがたっぷりとまぶされています。 /////// オンゴルオンゴル2種。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ(インドネシア)ティアラデワタ:バビグリン

「ティアラデワタショッピングセンター」は、地元の人で大賑わいの、デンパサールにある大型スーパーです。 プールや子供向けミニ遊園地も併設され、ちょっとした娯楽施設といった雰囲気。 フードコートも充実しており、価格が明朗表示されているので気楽で利用しやすかったです。 上の写真は【BABI GULING CAMPUR】バビグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うえの(宮島口):あなごめし

この日は水曜日だったので、店内で食べられるのはお弁当ということでした。(普段は丼。) 出来立てで、温かいものが食べられました。 あなごが香ばしい。 煮あなごではなく焼きあなご。 あまりタレっぽくない。 身がしっかりしていておいしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランカウイ(マレーシア)フォーシーズンズリゾート:マレー菓子いろいろ

朝食ビュッフェに出ていたお菓子達。 上の写真の右上の、葉っぱの包みを開いたところ。 長い粒のお米+あみの佃煮(みたいなもの)の組み合わせ。 お菓子は毎日6種類ずつ用意されていました。 これはまた違う日。 上の皿の食べかけの写真。 お菓子の内容は日替わりですが、オレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶房 天井桟敷(由布院):モン・ユフ

看板商品はモンブランならぬ「モン・ユフ」。 由布岳をイメージしたデザートらしい。 ちなみに下の画像が由布岳。 クリームチーズの上に、ゆるく泡立てた生クリームがかけられています。 その上から粉砂糖が雪のようにサラサラと…昔、暮しの手帖の「すてきなあなたに」で読んだことのある「フォンテンブローアラクレーム」っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海(中国)図安蟹味館:蟹粉生煎包

上海図書館の裏門(?)入って突き当たり・図安蟹味館の「蟹粉生煎包」です。 具は豚肉が主で、蟹っぽさはさほど感じられず…。 皮は厚くてパンのようにフカフカしています。 それゆえ、汁が皮に吸われてしまうのか、齧ってピュッと飛び出すようなことはありません。 皮の内側がふやけた感じで、底もカリッとしておらず、やはりB…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

上海(中国)小揚生煎館:生煎

買い食いに最適な店が並ぶ呉江路・小揚生煎館の「小揚生煎」です。 調味料分は控えめ、スープ(肉汁)が強い、甘めの味。 店内でも食べられますが、帯走(テイクアウト)して向かいのビルの駐車スペースで立ち食いしている人も多かったです。 うまく齧らないと軽く1メートルは汁が飛ぶので、食べている人の前には立たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇州(中国)大阿二生煎鋪:生煎饅頭

山塘街・大阿二生煎鋪の「生煎饅頭」です。 歯を立てると、まず生地と具の間のすき間に充満している甘じょっぱい汁がピュッ!と飛び出し、それはもう衝撃的なおいしさ。 調味料の濃い味と、具の豚肉から出るダシが合わさり、満足感たっぷりな味わいです。 底がカリッと焦げているのもたまらない。 皮はけっこうしっかりしていて、よく「生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橘柚庵古後老舗(大分県):雪月花

もち米でできた薄皮せんべいで、柚子のジャムをはさんだ「雪月花」。 上品で繊細なお菓子です。 ですが、ここで注目したいのはお菓子そのものではありません。 箱を開けるとまず姿を現す、短冊状の「お願い」です。 「此の函は二段になっていますから 宜敷くお願いします。 主人敬白」 つまり、お菓子の個包装が二段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヌメア(ニューカレドニア)ココティエ広場:チョコレート

ココティエ広場のベンチにて、近くの「トントン・ジュール」で買ったチョコを食す。 ココティエとはココ椰子のことだそうです。 ココ椰子でいっぱいの広場!というわけではなかったけれど… 水が出ていない噴水。 「トントン・ジュール」は、とあるガイドブックで「フランス駄菓子」を売る店として紹介されており、フラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤戸饅頭と大手まんぢゅう(岡山県):似て非なるもの

倉敷駅の売店で「当駅売り上げNO.1」の札がついていた「藤戸饅頭」。 そしてこちらは、岡山駅売店で「当駅売り上げNO.1」として積み上げられていた「大手まんぢゅう」。 どちらもあんこ玉を薄皮でくるんだ一口酒饅頭です。 /////// 藤戸は、あんが少し水っぽくてあっさりした味。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロンボ(スリランカ)ゴールフェイスグリーン:えびの揚げ物

ゴールフェイスグリーンの屋台にて。 えびすり身(なのかな?)に小エビがのった平たい円形の揚げ物に、えび味噌(?)+野菜のみじん切り+ライム果汁をかけて食べる。 たいへん美味しいものでした。 写真は、野菜をのせていない状態で、ひと口かじったところ。 名前は「イッソウワリィ」と聞こえましたが、違っているかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリランカ:エッグホッパー

ホッパーの真ん中に卵を落としたエッグホッパー。 ホッパーは、米粉とココナッツミルクで出来た薄い食べ物。 クレープほどしなやかではないし、ナンやチャパティとも全然違うし…何にたとえれば良いのか? おわん型の底の部分がやや厚くてソフト、周りは薄くカリッと乾いた食感。 街角の店でホッパーを焼くところを見ていましたが、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリランカ:ストリングホッパー

ストリングホッパーは、固まったビーフンのような食感。 食べる前は、もっとバラバラとほぐれる感じを想像していたけれど、そうではなかった… じゃが芋のカレーに添えて。 ストリングホッパーコット。 いろいろ野菜+ストリングホッパーを刻んで炒めた一皿。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク(タイ)東急:タイ菓子いろいろ

東急の食料品売り場でタイ菓子をいろいろ買いました。 お土産仕様で売っているのではなく、発砲スチロールトレー+ラップの簡易包装で、普段用のお菓子として冷蔵ショーケースに並んでいます。 ホテルの部屋にあったセラドン焼きのお皿に、少しずつ盛り合わせてみました。                        ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホアヒン(タイ)マーケットビレッジ:パッガパオガイ

フードコートでパッガパオガイ。 バジルがたくさん入っていて嬉しい! こちらも定番のタイめし・カオマンガイ。 肉はスチームとディープフライがあり、これはスチームの「スペシャル」。 ちなみに「スペシャル」とは…単に大盛りという意味らしい。 こっちの鶏はディープフライ(カオマンガイトード)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more